英霊・顕彰

浄蓮寺 慰霊碑

碑文名
慰 霊 碑
建立日
昭和36年11月 小田区民建立 
英霊
日清戦争:1柱 日露戦争:3柱 支那事変:4柱 大東亜戦争:60柱 満州開拓団:44柱
解説

碑文揮毫は当時の広島県知事 大原博夫氏。また碑の上部の丸い石には、何かの縁と思われる富山大学学長の追悼の和歌が刻んである。 御英霊に満州開拓団の方々がいらっしゃるのは大変珍しい。御芳名は夫婦子供など家族ごとに並んでおり、その悲劇を思うとき、 終戦数日前に突然参戦し、満州を蹂躙したソ連に対し怒りを覚えるとともに、御英霊の無念の思いを感じる。
碑の前に手向けられた、河内西小学校生徒による千羽鶴が、せめてもの救いに思われた。
400m福富側には陸軍歩兵軍曹の碑があるので、併せてお参りしていただきたい。

アクセス

三原市大和町・東広島市河内町の白竜湖から福富方面に通じる県道348号小田白市線を2.4キロほど西に行った右手に浄蓮寺があり、碑は寺の門前にある。駐車スペースあり。

地図