英霊・顕彰

小河内 慰霊碑 及び 戦捷記念碑

碑文名
戦捷記念碑                                                慰霊碑
建立日
戦捷記念碑:大正5年10月1日 帝国在郷軍人会小河内村分会 建立                        慰霊碑:昭和44年3月 生還軍人・遺族会・有志 建立
英霊
戦捷記念碑:日露戦争:戦死2柱 戦病死1柱                                  慰霊碑:支那事変・大東亜戦争:軍人371柱 動員学徒5柱 軍属13柱
解説

頂部に鷹を載せている戦捷記念碑には、日露戦争で散華された御英霊の階級とお名前が側面に刻まれている。
慰霊碑には、3面にびっしりと散華された御英霊のお名前が刻んであるが、軍人だけでも実に371柱もおられ、 当時この地域の人口がどれほどであったかは知らないが、狭い谷筋にある牧歌的な集落群から、 これだけの人数の方が我が祖国を守るため散華されたかと思うと、驚嘆とともに悲しみを禁じ得ない。
造花ながら色鮮やかな供花が、初秋の日差しに映えてていた。

アクセス

国道191号線から県道38号線に入り5.3km。駐車スペースあり。
広電バス 今吉田線「小河内三谷口」30m。

地図