英霊・顕彰

通津 忠魂碑

碑文名
忠 魂 碑
建立日
不 明
英霊
不 明
解説

「忠霊」と書かれた額のある鳥居をくぐり、桜が植えられた広場の奥に忠魂碑がある。 建立年や建立者の文字はないが、揮毫が山縣有朋であることから、大正以前の物と思われる。
碑の左右には明治10年頃から昭和20年までの高さ60cmほどの御英霊の軍階級と御名前の彫られた碑が 183柱建っている。不思議な事だが、享年が終戦真近の昭和20年8月と彫られた碑が多いようである。 また鉄道義勇隊という名前も見られる。
国道からは碑は良く見えるが、現地にたどり着くには国道から住宅地の細い道を入り、徒歩で参道を登る事となる。

アクセス

岩国駅前より国道188号線を柳井方面に12㎞、通津美ヶ浦公園を過ぎた右手の丘の上。 付近は道が狭いので、前述の通津美ヶ浦公園に駐車して徒歩(300m)で向かう事を勧める。
JR山陽線「通津」より約1キロ。

地図