英霊・顕彰

旧瑞穂町 忠魂碑

碑文名
忠 魂 碑
建立日
昭和15年
英霊
西南の役:1柱 北清事変:2柱 日露戦争:3柱 支那事変:15柱 大東亜戦争:64柱                                   公務殉職:3柱 報国義勇開拓:5柱 原爆殉難:8柱 慰霊碑建立殉難:1柱
解説

碑のある旧瑞穂町は昭和32年までは出羽村と呼ばれていた。その後、平成の大合併で石見町、羽須美村と合併して邑南町となった。
一帯は十数メートルほどの小山をそのまま使った感じで、頂上に小さなお社と忠魂碑があり、 麓に戦没者氏名碑と灯篭,それとちょっとした広場がある。 いろいろな慰霊碑を見てきたが、これだけの規模の慰霊場所は見た事が無い。
「英魂不滅」と記された平成15年建立の旧出羽村各戦役戦病死者氏名碑には、公務殉職や開拓団、それに忠魂碑建立の際にお亡くなりになった方の御名前も彫られている。

アクセス

広島県安芸高田市より栗谷峠を超えて旧瑞穂町に入る県道6号線と、邑南町青少年旅行村の間にある町道沿い。 旅行村入口の南約100m。駐車スペースあり。 
おおなんバス出羽線「八日市」400m。 

地図