英霊・顕彰

大滝神社慰霊碑・三大戦役記念碑

碑文名
慰 霊 碑
建立日
昭和59年4月 建立 
英霊
当地出身 日露・大東亜戦争 戦病死者 123柱
解説

馬洗川支流の美波羅川河畔の大滝神社鳥居の左脇に碑は建っている。 道路沿いなので見つけやすい。
裏側の碑文に建立者の名は記されていないが、 医師の中村氏が揮毫を頼んだと記されている。
碑文記載の英霊のお名前の中には同姓の方が並んでいる事が多く、ここでも 兄弟、親戚同士で散華されたと思われる。また女性の方も数名記されており 従軍されたか、内地で戦災に会われたものと推測される。
慰霊碑から道沿いに約100m北に行くと三大戦役記念碑がある。 こちらは大正7年5月建立で、文字が白文字になっており、戦死された方5名・従軍された方65名のお名前が彫られている。

アクセス

三次より国道184号線を尾道方面に南下し、塩町交差点を右折。県道430号糸井塩町線を 3キロ南下。農免農道の橋梁をくぐる手前。
JR芸備線塩町駅より2.6キロ。 

地図