英霊・顕彰

大門町 八幡宮 慰霊塔

碑文名
慰 霊 塔
建立日
昭和27年4月28日 大津野村 建立 
英霊
173柱
解説

碑の裏側に御英霊のお名前が2列に横長に並んでいる。女性が3名いらっしゃられた。 建立日の後ろに「独立の日」と書かれている。この年この日がサンフランシスコ平和条約が発効し、日本が占領下から解放された日であり 建立された方々にも、この日が新生日本の独立記念日であるという認識があったのであろう。
碑の右側には明治天皇の御製

よとともに語りつたへよ國のため命をすてし人のいさをを

が刻まれた碑があり、左側には設立趣意書が刻まれた碑がある。この石は大津野小学校の校庭から移設したと書いてある。

アクセス

国道2号線「大門町津之下」交差点から線路をくぐり、鎮守の森の裏手に回ると参道がある。閉鎖している場合でも登り口に駐車場スペースはある。
JR山陽本線「大門」500m。

地図