英霊・顕彰

春日町 忠魂碑 慰霊碑

碑文名
忠魂碑・慰霊碑
建立日
忠魂碑 大正3年4月10日 帝国在郷軍人会春日村分会 建立                              慰霊碑 昭和58年10月 春日地区慰霊碑建立委員会 建立
英霊
忠魂碑 9柱                                                   慰霊碑 神辺平野大演習:1柱 支那事変:9柱 大東亜戦争:132柱
解説

春日小学校を見下ろす丘の上に辻堂のある広場があり、その横に忠魂碑と慰霊碑が並んでいる。 後から建立された慰霊碑が支那事変以降の御英霊を祀っているので、おそらく忠魂碑はそれ以前の戦役で散華された御英霊を祀っているものと思われる。 演習中に散華された事を刻んだ碑は珍しい。
学校と住宅街に囲まれた静かで穏やかな広場で、訪問時も親子が辻堂で遊んでいた。御英霊もきっと笑顔で眺めておられただろう。

アクセス

県道379号坪生福山線の春日小学校手前の十字路を東方向に進み300m。住宅街の若干狭い道ながら駐車スペースあり。
井笠バス 笠岡-福山線「浦上西」200m。

地図