英霊・顕彰

御調町 慰霊碑

碑文名
慰 霊 碑
建立日
昭和52年11月 慰霊碑建設委員会 建立
英霊
西南の役~大東亜戦争従軍 郷土出身者595柱
解説

台座に集落ごとに御英霊のお名前が黒字に白文字で刻まれている。 珍しい苗字の方が幾人か見受けられるが、同じ苗字が続いて刻まれいるのは、きっと同族親類縁者同志なのではないだろうか。 また女性の方も数名おられるが、これは動員学徒の方と思われる。
以下碑文より抜粋。
「国家の危機にあたり 愛しい肉親を故郷に残し ひたすらに尽忠報国の赤誠に燃えて 異郷の山野に海岸にまた大空に 祖国の安泰と家族の平安を祈りつつ活躍され 再び郷土にまみえることなく無念にも散華された英霊を偲ぶとき 痛恨の情切々たるものがある。―(中略)― 西南の役から第二次世界大戦にいたる間に出陣して 武運我に利あらず 戦没された郷土出身者の英姿を偲び 霊を慰め 武勲をたたえ その栄誉を後世に伝えるとともに 世界の恒久平和と人類福祉を祈念しこの碑を建立した。」
手入れは良く行き届いており、いつ行っても献花がされている。

アクセス

国道184号と486号線の交差点南側の尾道市役所御調支所(旧御調町役場)敷地裏手にある。
リードライナー高速バス、中国バス尾道甲山線「クロスロードみつぎ」200m。

地図