英霊・顕彰

向島町 亀森八幡神社 忠魂碑

碑文名
忠 魂 碑
建立日
昭和2年8月 建立
英霊
675柱
解説

向島の中心部にある亀森神社の境内東側に碑はある。 碑の台座には「慶應四年戊辰ノ役以降数次ノ戦役 ニ向島西村出征軍人ノ戦死病歿者尠(すくな)カラス本村相図り茲ニ此ノ碑ヲ建テ芳名ヲ不朽ニ傳ヘ以テ 護国ノ英霊ヲ慰メムトス 諸士ノ義烈克ク亀鑑ヲ萬世ニ埀レ生キテハ神州士道ノ精トナリ 死シテハ祖国鎮護ノ神トナル誰カ之ヲ欽迎セサラム哉」と刻まれており、 右手前の碑には「若き身をみくにの為に捧げたるあまたの尊きみたま安かれ」の和歌が刻まれている。 揮毫は日本海海戦の英雄・東郷平八郎元帥。
ここから1.5kmほど東には向東八幡神社 慰霊碑もあるので、併せて参拝願いたい。 双方に祀られている御英霊は963柱にもなり、瀬戸内の小島から、かくも多くの方々が祖国の礎となられたことに驚嘆するばかりである。

アクセス

国道317号線「東西橋」交差点より西に300m。駐車場あり。
おのみちバス・本四バス 因島線「東西橋」200m。

地図