英霊・顕彰

千光寺 英霊塔

碑文名
英霊ノ塔
建立日
大正5年11月 建立 昭和44年3月 合祀再建
英霊
西南の役~大東亜戦争戦没者
解説

尾道を代表する観光地である千光寺公園一帯の中に六角形の碑がひっそりと建っている。正面題字の揮毫は昭和の大宰相・吉田茂氏。 真裏の面に明治10年・西南の役~38年・日露戦争で散華された尾道出身の御英霊を慰める旨の漢文が刻まれている。一方その横の面には 「かって敗戦という冷厳な運命のもとにあって忠魂碑という旧碑銘は抹消しなければならなかった それは悲しいことであったが 復興ようやく成り平和の礎いよいよ固くなったいまその後の戦歿者をあわせ祖国に殉じた英霊への思慕の誠を致そうとしてここに碑銘を新たにするものである」 とした尾道短大学長の銘が刻まれている。もともとは忠魂碑であったものが、大東亜戦争終戦後の占領軍の愛国的思想の根絶を目的とした慰霊・弔魂的行為の禁止の影響で 題字を消されたが、その後有志の尽力により大東亜戦争までの御英霊も合祀して英霊塔として蘇ったものと思われる。
碑の周囲は、尾道市街や尾道水道が一望できる非常に見晴らしの良い場所で観光客も多く通るが、碑に関心を持つ者は少ない。 また碑前の桜が成長し、正面から見る事も難しくなっている。

アクセス

国道2号線「土堂2丁目」信号よりJR山陽本線をくぐって階段を登り270m。
本四バス 因島尾道線「渡し場通り」300m。

地図