英霊・顕彰

久井町 戦死碑

碑文名
日露戦死
建立日
明治39年11月1日 建立
英霊
日露戦争従軍 軍人 四柱
解説

県道沿いの拡幅スペース横の大きな台座の上に、他の石碑と並んで建っている。 碑の題字が「日露戦死」とのみ書かれているのが大変珍しく、何か悲憤のようなものを感じる。 題字の下には陸軍特務曹長ほか4方の御芳名が彫られている。
そのうちのお一方、原津源作氏については、隣に別に顕彰碑が建立されている。 それによると、一度台湾警備から復員されたのち日露開戦を聞き再び志願、清国で活躍するも 明治37年6月23日に戦病死されたようである。

アクセス

山陽道の三原久井ICより県道25号線三原東城線を世羅方面に約6㌔北上、久井町下津交差点の手前左側。 碑の前に駐車スペースあり。

地図